HOME > 快眠とふとん「布団は庶民が気軽に買えなかった」

快眠とふとん

布団は庶民が気軽に買えなかった

タタミもフスマも、かつては布団だった。

古代では、敷布団にあたるものをタタミ、掛け布団にあたるものをフスマと呼んでいました。タタミは、使わないときには巻いて片づけておき、必要なときに広げて敷くものだったのです。フスマは寝るときの着物でした。

なぜ「キヌギヌの別れ」というのか?

イメージ『古今集』に「しののめのほがらほがらと明けゆけばおのがきぬぎぬなるぞかなしき」という歌がありますが、空が明けてくると、衣と衣とを打ちかけ会って寝ていた男女が、それぞれの上衣を自分の身につけて別れてゆく様を歌ったものです。
つまり、王朝時代には、昼間身につけていた衣服を脱いで、これを夜着として使用することが多かったようです。

フトンはもと小型の座蒲団のことだった。

フトンは蒲団とも布団とも書きますが、もともとは蒲を材料とした円形の敷物で、座禅のとき、禅僧がお尻の下にあてがう小型の座蒲団でした。
寝具としての布団が最初に登場したのは、天正20年(1592)で、それは木綿わたの入った敷き布団のようです。桃山時代(16世紀後半)には夜着が現れました。夜着とは、えりやそでのついた上掛けの夜具です。その頃から、建具のフスマ障子を「フスマ」と呼び、寝具のフスマを「ヨギ」と名づけたようです。

タタミの上にフトンを敷いたのは、明治以後。

「ふとん着て ねたる姿や 東山」の句は、服部嵐雪の作ですが、ようやく元禄時代(17世紀後半)から、上掛けの布団を着て寝るという風俗が生まれたようです。しかし、庶民はまだ、ムシロとか、天徳寺と呼ばれる紙の寝具を用いていました。
押入が一般化するのは明治以後のことで、夜が来ると、「タタミの上にフトンを敷いて寝る」ようになりました。そして、毛布とシーツも生活に取り入れられるようになりました。

専門家のコメント 同志社大学文学部教授(大学院教授兼務) 小川光暘先生

明治にはいると、蒲団がしだいに一般庶民の住宅に浸透してきた。寝室にあてられる空間(主として納戸)は、住宅の中でも窓もなく、通風的な部分にめぐまれない、文字通り日の当たらない部屋であった。そこに、従来の寝筵や天徳寺にかわって、吸湿性の高い綿蒲団が持ちこまれ、以前の習慣のままにそれを昼も夜も敷きっぱなしにしたのである。だから万年床そのものはここにはじまったわけではなかったが、吸湿性の高い蒲団の使用が、かえって日本人の就寝生活の条件を悪くしたともいえる。

  • 前へ
  • 次へ

ご利用案内

ご注文方法

当ホームページ上のご注文フォームからお申し込み下さい。
こちらから確認のメールをお送りし集配の手配をさせて頂きます。
当社にて商品の破れ・汚れ等のチェックをさせて頂きメール若しくはお電話で確認させて頂きます。
通常商品が当社に到着してから2週間で返送させて頂きます。

注文前の注意事項

品物の状態によって洗浄出来ない場合が御座います。
その場合は当社に品物が到着した時点でチェックさせて頂きご連絡させて頂きます。
破れ・汚れ等は発送前にご確認下さい。


お支払い方法

代引きのみとさせていただきます。

キャンセル方法

お電話、若しくはメールにてお問合せ下さい。
品物の状態によって洗浄出来ない場合返送料のみご負担下さい。
お客様のご都合によるキャンセルの場合は送料のみご負担頂きます。
品物の状態等を確認洗浄後のキャンセルはお受け出来ません。


配送方法・配送料金について

送料無料です。一部地域によっては、別途送料が発生致します。お問合わせ下さい。
商品は佐川急便でお届けします。
キット配達ご希望日時をご希望日の際は、ご注文時にご指定ください。

お問い合せ

株式会社リヴァイヴ
〒981-3111 宮城県仙台市泉区松森字斉兵衛4-3
TEL:022-342-0711 (代) / FAX:022-771-0845
インターネットからのご注文は、24時間受けつけています。 ご質問などお気軽にお問合わせください。