HOME > 快眠とふとん「健康の秘訣は正しく眠ることです」

快眠とふとん

健康の秘訣は正しく眠ることです

人間は心身の疲れをとるために眠る。

人間はなぜ眠るのでしょうか?学説はいろいろありますが、心身の疲れを解消するために眠るのだ、と一般には考えられています。
眠らないでいると、イライラが起きたり、不安になったり、被害妄想、幻覚、幻聴、指先のふるえ、マブタ下垂、疲労感などの症状が、一過性に現れます。でも結局は眠ってしまうようです。

寝過ぎると、かえって体に良くない。

人間は何時間眠ればよいのでしょうか?適正睡眠時間は8時間といわれますが、これにはたいした根拠はありません。4~5時間の睡眠で十分に満足する人もいれば、10時間眠らないと睡眠不足だ、と不満をもらす人もいます。
アメリカの睡眠学会と癌学会が行った調査では、睡眠時間7~8時間の人の死亡率が最も低く、それよりも睡眠時間が長くても短くても死亡率が高いという結果がでています。その原因についてはまだ分かっていませんが、睡眠が私たちの健康に何らかの影響を与えていると考えられます。

「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」を4~5回繰り返すといい。

眠りには「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」がありますが、眠っているとき、この2つがだいたい1時間半から2時間の周期で訪れます。ですから、「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」の繰り返しを4~5回、つまり、6時間から8時間の睡眠時間をとっていれば、大丈夫のようです。あとは、その人の体質や疲労度によって、睡眠時間が変わってくるようです。

イメージ

レム睡眠は、睡眠の深さ1から4まで約90分経過したのちに初めてあらわれ、それ以後は90~100分周期でくり返される。ひとつのノンレム睡眠とそれに続くレム睡眠の1セットが、睡眠の1単位となっている。左図の場合は、ノンレムとレムが5セット、理想的な睡眠パターンといえる。

よく眠れる温度と湿度と明かりは?

イメージ人間は一晩にコップ1杯分の寝汗をかく、といわれています。布団の中の温度が上がると、湿度は低下しますから、50パーセント前後が快適な湿度といえるでしょう。夏は室温25度くらい、冬は13度前後。寝室の明かりは、30ルクスから10ルクス程度のほのかな明かりが理想的です。

専門家のコメント 東京慈恵会医科大学助教授 日本航空産業医 佐々木三男先生

昼間10分ないし15分仮眠することは、その後の集中力、パワーアップに効果があるといわれる。眠気のリズムに於ける“谷”は、昼と夜、明け方と三つあって、昼間は午後2時頃にやってくるから、その頃に睡眠をとると、あとがスッキリする。 しかし、時間は10分とか15分程度の短い時間にとどめておくべきである。寝過ぎると、かえって頭がボーッとしたり、夜の寝つきを悪くする可能性もある。

  • 前へ
  • 次へ

ご利用案内

ご注文方法

当ホームページ上のご注文フォームからお申し込み下さい。
こちらから確認のメールをお送りし集配の手配をさせて頂きます。
当社にて商品の破れ・汚れ等のチェックをさせて頂きメール若しくはお電話で確認させて頂きます。
通常商品が当社に到着してから2週間で返送させて頂きます。

注文前の注意事項

品物の状態によって洗浄出来ない場合が御座います。
その場合は当社に品物が到着した時点でチェックさせて頂きご連絡させて頂きます。
破れ・汚れ等は発送前にご確認下さい。


お支払い方法

代引きのみとさせていただきます。

キャンセル方法

お電話、若しくはメールにてお問合せ下さい。
品物の状態によって洗浄出来ない場合返送料のみご負担下さい。
お客様のご都合によるキャンセルの場合は送料のみご負担頂きます。
品物の状態等を確認洗浄後のキャンセルはお受け出来ません。


配送方法・配送料金について

送料無料です。一部地域によっては、別途送料が発生致します。お問合わせ下さい。
商品は佐川急便でお届けします。
キット配達ご希望日時をご希望日の際は、ご注文時にご指定ください。

お問い合せ

株式会社リヴァイヴ
〒981-3111 宮城県仙台市泉区松森字斉兵衛4-3
TEL:022-342-0711 (代) / FAX:022-771-0845
インターネットからのご注文は、24時間受けつけています。 ご質問などお気軽にお問合わせください。